2017年3月14日 (火)

2016年コンテスト参加記録

東京CW・東京UHFコンテストの結果が発表になり、昨年参加したコンテストの結果が出そろいましたので集計結果しました。
昨年は、下表の通り18のコンテストに参加しました。一昨年は、31コンテストに参加でしたので約4割減となりました。また、JARLの4大コンテストは、全市全郡だけしか参加できませんでした。

ログチェック結果を送られてきたコンテストで、自分のミスを確認すると昨年は、S・H や2・3の取り間違えがあり、それは克復できたようですがB・D,V・U,E・Iなどの比較的聞き取りやすい符号の間違いがありました。
また、マラソンコンテストでは、ログ提出時にその期間に有った他のコンテストナンバーを送信ナンバーに記載し減点されたりと、自分の不注意が目立った2016年でした。

2016昨年は、土日に仕事が入り参加できないコントストもありましたが、今年は、幸か不幸か土日の仕事が今のところ少ないので、今まで参加していないコンテストも含め、「受信ミスゼロ」を目指し、新しいアンテナも作りつつ、色々と参加したいと考えています。

各局、ありがとうございました。また、聞こえておりましたら、よろしくお願いいたします。


にほんブログ村


アマチュア無線 ブログランキングへ

2017年3月12日 (日)

ALL JA0 7MHz (個人局電信部門)2017年に参加 (17-03-13一部修正)

ALL JA0 7MHzコンテスト 個人局電信部門に東京都日野市の浅川の土手にI.Vを立て、100局交信を目標に初参加しました。

このコンテストは、県外同士の交信も有効の為かコンテストバンドの下から上まで隙間が無いほどビッシリCQを出している局で一杯でした。
空いてる周波数を見つけてCQを出しても、サイドからのカブリで了解できないことも多々ありました。

チョット気になったのが59929の様に001形式ではないナンバーを送って来た局が2局ありましたが、ログを599029にし得点をゼロにしてログを提出することにしました。(Noが3桁以外は、受け付けないと規約に記載されているため) [17-03-13削除]
ログは、3桁に修正すると自動受付で得点され、ポイントをゼロにしても、ログデーターのみで得点集計をされているようで、提出ログと得点の相違となるためエラーとなり、受け付けられませんでした。
2桁のままで提出すると 「☆コンテストNoを検出できないQSO2行ありました。」とのコメントが 返信メールに記載されていましたが自動的受付と提出ログの得点が合致し、ログ提出を受け付けてくれたようです。[17-03-13追記]

100局目標でしたが99局(有効局数97局)で、惜しくも目標達成できずでした。
また、25WPM以上の速度の局が多く、他のローカルコンテストに比べて速度が速いため苦労しながらナンバーを取ったコンテストでした。
たった4時間でしたが24時間参加したような気分で心地よい疲労感が残りました。

交信していただいた各局、QSOありがとうございました。


にほんブログ村


アマチュア無線 ブログランキングへ

2017年3月 5日 (日)

雛コンテスト2017年に参加

先日調整しましたDPアンテナで1.9/3.5/7MHz(CW)を中心に参加しました。

12時頃に移動先へ到着し、アンテナを立て12時21分に7MHzで一局目と交信。
聞こえる局を順番に呼び、後はリバースビーコンにアップするようにCQを出し続けました。
10局目でやっとYL局と交信でき、ログの提出権を得ることができ、ホット一息。
16:35を最後に、3.5MHzへ移動しましたが、聞こえるのは、1局だけまたまた、CQの連発。
19:00になったので、そろそろ1.9MHzへQSY。何も聞こえず。430MHzで3局QSOし、再度1.9MHzへ。

一番の目的は、先日調整したアンテナで1.9MHzでどの程度飛ぶかを調べたいためにアンテナを上げたのですが、ノイズばかりで聞こえない。
やっと、1エリア(運用場所のすぐ近くの局)の方がCQを出していたので、コールすると応答があり、どうにか電波は出ているようです。
2エリアの記念局が聞こえましたので、ここでも応答があり、1エリアから少し遠くまで電波が出ているようでした。
CQを出し続けましたが、21時近くになり明日(土曜日)の仕事もあるのでとQRTしました。


各周波数でエリア別の交信局数は、表の通りです。
Hina1
全てのバンドでAJDが出来なかったのは、残念でした。

リバースビーコンを見てみると

Hina2
7MHzは、フルサイズなので米国西海岸まで電波は飛んでいるようです。また、唯一のDX局でしたがカリフォルニア州ともQSOもする事が559をいただきました。(実際のメーターの値も知りたいですが、ノイズレベルスレスレと言われるのが怖い。)
3.5MHzは、片側12mのエレメントですがハワイまで飛んでるようです。
1.9MHzは、片側16mのエレメントで1エリア以外では、アクセスできなっかった様です。

移動運用では、アンテナを展開できる場所が限られますが1.9MHzで、せめて片側エレメント長30m(75%)にすれば、聞こえ方や飛び方の変わるのでは?と感じトラップコイルの製作にとりかかろうと思います。

交信していただいた各局、QSOありがとうございました。


にほんブログ村


アマチュア無線 ブログランキングへ

2017年3月 2日 (木)

3.5/7MHzアンテナ調整

本日は、空を見ても分厚い雲が出ていて暖かいとは言えませんでしたが、昨日の天気予報では、今日は暖かくなるとの事で午後を期待し河原の駐車場で昔買ったメーカー製の3.5/7MHzDPアンテナ調整をしました。
昨年から、遣ろう遣ろうと思っていましたが寒さの為、踏み出せませんでした。
7MHzは問題なく動作していますが、3.5MHzは、SWRが非常に高く使えない状態です。思い立ったが吉日。今日を逃すとまた、年が明けてしまいそうなので重い腰を上げました。
Fig_1_2

 
現状SW値

3.5MHz帯 SWR MIN:1.05/3.695MHz SWR 1.5の範囲 3.598-3.615MHz
 7MHz帯 SWR MIN:1.05/7.034MHz SWR 1.5の範囲 6.932-7.152MHz

コイルの短縮率が大きいせいか3.5MHz帯は、17KHzの帯域しかなく、もっと同調点を下げる必要がある。

出来れば、延長コイルに1.9MHzのエレメントを取付、1.9/3.5/7MHzのトリプルバンドにできないかとの実験も併せて実施しました。

Fig_2_2Fig_3

残念ながら、延長コイル下部にエレメントを追加してもダメな様です。
いわゆる、ギボシアンテナにすることにしました。
適当な長さの電線を追加し、3.5MHzの長さを調整し、その後、エレメントを接続し1.9MHzに合わせることにしました。
Fig_4

1.9MHz用の電線を碍子に取り付けただけで、3.5MHzのセンターがずれ調整をしなおすことになりました。
1.9/3.5MHzのエレメントを接続用にM4×12mmのビスと蝶ナットを3.5MHz側のエレメントにつけていましたが、蝶ナットを付けるとビスの長さ+蝶ナットの高さで低い方に、外すとビスの長さだけになり高い方に周波数がずれてしまうことが分かり、取付用のビスの長さをM4×15mmに変えSWRは、落ち着きました。
次に1.9MHz用のエレメントを接続し長さ調整を行いほぼ完成しました。
1.9/3.5の切り替えは、接続や切り離しをしなければ成りませんが今日のところは、終了としました。
Fig_5_2
実際に電波が出るかは、雛コンテストで、1.9/3.5/7MHzで試してみようと思います。

今回のアンテナ調整で感じたことは、
1) 3.5MHzの帯域が思っていた以上に狭かったこと。
2) よく、バランから、数本のエレメントを出し、マルチバンドで使っているので、延長コイル下部でも可能かと思いましたが残念ながら不可能でした。
3) コイルの巻き数を減らすことで帯域が広がると思われるので、インダクタンスを減らしたLCで作ったトラップコイルを使用した、トリプルバンドアンテナの製作を今後の課題として、取り組んでいこうと思います。   


にほんブログ村


アマチュア無線 ブログランキングへ

2017年2月12日 (日)

関東UHFコンテスト2017年(430MHz 電信)に参加

2月11日に開催された関東UHFコンテストに430MHz 電信部門に参加しました。

昨年は、仕事が入り未参加。一昨年は、積雪で山に入れず山のふもとで参加。
今年は雪も少ないので山の上で参加できると期待していたら前日の10日は、町田市でも雪がちらつき山は無理かもと心配でした。
当日は、山がだめなら、もう一つの候補地へ変更できるようにと少し早めに出発。
樹木にほんの少し雪が残っている程度で路面は、雪もなく無事、第一候補の移動地へ到着。
P1060330a
設備は、東京UHFで使ったIC7000M+八木アンテナとGP。今回は、ローテータも参戦に加わり手元でアンテナを廻す算段でした。
P1060333
東京UHFコンテストでは、1時間弱電信運用し26局だったので今回は、電信だけの運用ですので、26(局/時間)×6(時間)=156(局)。
今回の目標は、160局以上、1エリア全県の交信としました。

現地に早く到着したので、余裕で準備ができるかと思っていましたが、手がかじかみ思った以上にアンテナ設置に時間がかかり、電波を出せる状態になったのは、コンテスト開始直前になってしまい、いつものように呼びまわりから開始。
電信バンドの下から上まで隙間の無いほど各局が聞こえていました。

やっと周波数の確保ができRUNを始めますが、カブリのような信号が入りダイアルを上下しましたがあまり変化が無くそのまま続けました。
ローテータは、10数年、全く使用していなかったので心配でしたが無事役目をまっとうしてくれ、何より車の外へ行かずアンテナを廻せるのは最高でした。しかし、今回使用したローテータ取付ポールでは、GPと八木アンテナの間隔が取れずそれぞれのアンテナの性能を出し切れずイマイチだったようでした。

結果は、
交信局数 173局 (内 2局重複局有) 
山梨県は、残念ながら聞こえませんでしたが、茨城県と千葉県でJCCを増やすことができ嬉しく思います。

ローテータは軽い物を購入した当時は、アンテナを6mや8mに上げるのは何ともありませんでしたが、今回は、1段ポールを持ち上げるがヤットコサットコで体力(腕力)の衰えを改めて感じたコンテスト参加でした。

交信していただいた各局、QSOありがとうございました。




にほんブログ村


アマチュア無線 ブログランキングへ

2017年1月29日 (日)

久しぶりの1day AJD 江戸川区移動(2017-01-28)

本日、東京都江戸川区の市川橋が架かっている江戸川河川敷で1時間半ほどでしたが移動運用をしました。

P1060289P1060278_2

温かい一日で移動運用日和で風もほとんど無く10mh IVを立てることができました。
すぐ近くを京成本線が走っていたのでノイズを心配しましたが、影響がほどんど無く、またJ-クラスタにアップしていただき多数の方に呼んで頂くことができました。(TNX JA5IVG/YASU OM)
コンディションも良く最近交信できなかった、0エリア、9エリアとも交信でき久しぶりにOne Day AJD(いやHarf Hour ADJ)できました。


1エリア: 7局 2エリア: 6局 3エリア:15局 4エリア: 7局 5エリア:2局 6エリア:5局
7エリア: 9局 8エリア: 5局 9エリア: 3局 0エリア: 3局 合 計:62局

各局、ありがとうございました。

P1060266P1060282




にほんブログ村


アマチュア無線 ブログランキングへ

2017年1月23日 (月)

オール宮城コンテスト2017年に参加

1月14~15日に開催されたオール宮城コンテストに参加しました。

宮城県内の4町が未交信の為、取れれば良いナー。との思いで参加しました。
アンテナは、ボトムローディングバーチカルで1.9/3.5MHzと8mh Inv Veeです。
14日は、所用があり、1.9MHzで局。15日は、早朝より1.9MHz 3.5MHzを中心にコールしましたが、期待していた7MHzが他のエリアは良く聞こえるのですが、7エリアは、微かに聞こえる程度。
10時少し前からやっと聞こえ始めましたが、11時前には、交信した局しか聞こえず、リタイアしてしまいました。

交信局数は、1.9MHz 2局 3.5MHz 10局 7MHz 13局でした。
残念ながら、未交信の町は、聞こえず仕舞いでした。

この日は、海外のコンテストもあり、DX局がLOW BANDでもよく聞こえていました。

交信していただきました各局ありがとうございました。

2017年1月19日 (木)

多摩川コンテスト(2016年)結果発表

11月に開催された「多摩川コンテスト」の結果が発表されたと主催者のAPOLLO HAM CLUB様よりメールを頂きました。
主催者の方は、大変な事と思いますが、参加局に対しメールを送っていただけると助かります。
ありがとうございました。結果は、こちら http://apollo.c.ooco.jp/TA2016RESULT.pdf

参加部門は、流域内電信部門でログ提出局 21局中 3位でした。

得点の詳細は、
 交信局数  81局
 得点   243点   
 マルチ   16マルチ
 総得点 3,888点
参加記録は、こちら http://jr1bqj.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/2016-dfb5.html

1位、2位とデーターを見てみると接戦だったことが分かります。
次回は、「優勝を」なんて色気が出てしまいます。
しかし、1局・1マルチの上乗せは、凄く難しいのですが・・・。

QSO頂いた、各局ありがとうございました。



にほんブログ村


アマチュア無線 ブログランキングへ

2017年1月17日 (火)

愛・地球博記念コンテスト・東海マラソンコンテスト(2016年)結果発表

9月に開催された「愛・地球博記念コンテスト」と「東海マラソンコンテスト」の結果が正式(?)に発表されました。
(正式というのは、JARL東海地方本部のサイトから入って見ることができるようになったのは1月16日だった為です。)

愛・地球博記念コンテストの参加部門は、シングルオペ・1.9MHzでログ提出局 14局中 5位でした。

得点の詳細は、
 交信局数 電信…44局
 得点   電信…44点   
 マルチ  23マルチ
 総得点  1,012点
参加記録は、こちら。http://jr1bqj.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/2016-19mhz-884c.html

東海マラソンコンテストは管外・電信オールバンドでログ提出局 6局中 4位でした。
得点の詳細は、
 交信局数 電信…2局
 得点   電信…2点   
 マルチ  2マルチ
 総得点  4点
このコンテストは、初めての参加というより、アンテナのテスト時に144MHzで2エリアが聞こえていたので、QSOできた事が嬉しかったコンテストでした。
次回は、7日間は無理としても、何日かは挑戦してみようと思います。

QSO頂いた、各局ありがとうございました。


にほんブログ村


アマチュア無線 ブログランキングへ

2017年1月15日 (日)

移動運用 東京都足立区移動 (2017-01-14)

東京23区の北部は、移動する機会が少ないのですが、足立区での仕事が早く終わったので電波を出しました。

P1060088_2
地図に橋の名称の記載が見つからず、現地で橋を探しましたが、良く解らず住民の方が通りかかったので聞いてみると「ここだよ」との事。
橋銘鈑は見つかりませんでしたが、境界アワードの毛長川橋の近くからです。
P1060091_2
コインパーキングに車を止め、アンテナは、5m長さのバーチカルに車体アースからでした。
アンテナを調整時には、7エリアや2エリアが強力に聞こえていて、ラッキー。
PCの電源も入れて準備完了。
さて、呼ぼうかとコールを取ろうとすると聞こえない。QRTしたのかと耳をソバ立てると微かに聞こえますがQSOできる状態では有りません。
5分もしないうちに9振っていた信号がSを振れなくなるほどのフェードアウト。

聞こえる局を呼べば応答がありアンテナ系統は、問題なさそうなのでCQを出しましたが、QSBもあり状態は最悪。とても7MHzとは思えません。
9エリアが出来ず、AJDはできませんでしたが、ほかのエリアは、辛うじてQSOすることができました。
また、J-クラスタにアップしていただいたおかげで、3時間かけてヤット50局を超えることができました。(TNX JE7MSU局 es 7N3SHX局)
準備をしているときは、足立区の他にも23区北部で電波を出そうと思っていましたが、諦めて帰りました。
今年は 1移動 50局をと思っていましたがこのコンディションでは、苦戦を強いられそうです。

コンディションの悪い中、QSOしていただきました各局 有難うございました。


にほんブログ村


アマチュア無線 ブログランキングへ

«千葉コンテスト(2016年)結果発表

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

にほんブログ村

  • 人気ブログランキング
  • にほんブログ村