2020年5月22日 (金)

HANDLE NAME TOP10

開局以来、CWで国内4,788局とQSOしています。(2020-5-9現在)

最近は、QTH・NAMEの紹介まですることが少なくなってきたような気がしますが
今までQSOでコピーしたり、QSLカードに記載してあるハンドルネームを集計してみました。

ハンドルネームは山田だとYAMA の様に苗字や名前の3~5文字の一部を使った局が多いですが、苗字や名前をフルで打つ局もいます。
また、印象にあるものとして、
 ZURA  MIURAさんであえてMとIをくっつけている。
 VIRGO おとめ座生まれなのでしょうか?
などチョットひねった局も居ます。
今までQSOした局で一番多いのが「HIRO」で260局でした。トップ10は
1.HIRO(260)   2.MASA(228)   3.TAKA(165)  4.AKI(147) 5.KAZU(143) KEN(143)
7.TOSHI(113)  8.YOSHI(104)  9.HIDE(86)  10.SHIN(83)
これらで全体の3割を占めていました。
(全リストはこちら ダウンロード - handle20name.pdf )
だから なんなの?? と突っ込まれると困るのですが・・・。
外出自粛でhamlogのデータで遊んでみました。
移動運用は、もう少しのガマン・我慢。



アマチュア無線ランキング

にほんブログ村

2020年5月 5日 (火)

東京コンテスト (2020年)参加

5月3日東京コンテストに参加しました。
例年であれば奥多摩までいきシングルバンドで参加していますが今年は、そういうわけにもいかず車から無線機・アンテナを降ろし家の中で参加となりました。
ベランダにアンテナを付けてワッチしても日曜日でさえ、430MHzや144MHzでも何も聞こえないこともあります。
頼みは電離層だけです。コンディションが悪ければ数局で終わってしまいます。
モノバンドの21・28・50MHzのホイップアンテナを使えるようにベランダ手すりにアンテナの基台を取り付け、ベランダの天井からはワイヤーで作った144MHzJ型アンテナ垂らし、各アンテナ調整を前日に行いました。
SWRは、28MHz用のアンテナが1.8ぐらいで他は、1.5以下だったのでアンテナ準備は完了。

3日の9時過ぎから144MHzからスタートしました。144/50MHzではSメーターの振れる局はありませんでしたが何とかとってもらえました。
28MHzは北海道・沖縄とできました。21MHzにQSYすると4・6エリアがSメーターをビンビン振らせて良く聞こえていました。
大方の時間は、21MHzで過ごしました。

バンド別の交信数は下表の通りです。
Photo_20200505003201
周りは、住宅に囲まれ地上高3mのモービルホイップでは思っていた以上にQSOできました。


我が家で引き込める同軸は、1本だけですのでバンドチェンジごとにアンテナをベランダにでて取り換えなけばなりません。
この日のためにと4月の初めに9バンド対応のモービルホイップを予約していたのですが3日の昼前に配達されてきました。
残念ですがこのアンテナは、今回日の目を見ることができませんでした。
これからコンディションの良い日が続くことを期待し、コロナが終息するまでにはマダマダ期間がかかるでしょうから明日にでも設置しようかと思います。

本日ログを送ったところ、JARL東京から「We got your Log and summary」のタイトルでメールが届きました。
都知事をはじめ、東京人は横文字が好きなのでしょうか?
海外局の参加はないのだから「コンテストログ受領」で良いのてないかと思います。

最後に蚊の鳴くような信号をとっていただいた各局ありがとうございました。



アマチュア無線ランキング


にほんブログ村

2020年4月 6日 (月)

神奈川非常通信非常通信コンテスト 2020年

4月4日に神奈川非常通信非常通信コンテストが18時~24時(23:59)まで2時間ずつバンドを区切り実施されました。
町田市の、とある場所へ移動し参加しました。
主な目的は、144MHzでGPと先日作ったコリニアアンテナの比較をしてみたくて移動したのですが、アンテナの設置距離が近ぎたためかSWRがGPが1.5、コリニアアンテナが2.5を超えてしまっていました。
単体で先日確認したときは、1.3ぐらいだったので問題と思っていましたが残念でした。
後日、再調整が必要となってしまいました。

7MHzは、神奈川を呼んでいる局は良く聞こえるのですが、ご本尊はあまり聞こえず5局で終了。
144MHzを聴くとWSH局が聞こえていたのでコールをして、アンテナの切り替えてSメータの値を呼んでもらいました。
お互いに、GPが10dB over 9 コリニアが9丁度でした。給電部の高さは、それぞれ10mと4mでしたのでその差なのかもしれません。
アンテナ調整と合わせてその辺の確認を後日やってみようと思います。
結局は、GPだけの運用となりました。

交信結果は、
Qso2
でした。

7MHzはあまり交信できませんでしたが、144/430MHzは思っていた以上に交信できました。

144MHzと430MHzでフルに久しぶりに声を出し続け声はガラガラ。
たった4時間でしたが喉も年とともに衰えている様でした。
FONEでもCQをメモリーする様かな?と思った次第でした。

交信頂きました各局ありがとうございました。



アマチュア無線ランキング


にほんブログ村

2020年3月 2日 (月)

広島WASコンテスト(2020年)参加

2月29日~3月1日に行われた広島WASコンテストに参加しました。
先日のKCJ TOP BANDコンテストでは、車載DC-ACインバータのノイズがひどく途中で挫折しました。
ノイズ対策は出来ませんでしたので、発発を久しぶりに使いました。
2サイクルなので音がうるさいので人家が近くない多摩川の土手(東京都福生市)にフルサイズのInv.Veeを準備しました。
風が無いので少しでも高くしたい衝動にかられアルミポール(10m)にグラスポールを3m程継ぎ足し14m highにしてみました。

Photo_20200302005901


インバータを使わないと、こんなにノイズが無いのかと静かすぎる位です。その反面こんなに沢山の局が出ているとはまったく思っていませんでした。
疲れを感じず参加することができました。(3時間なので当たり前ダ)


21時からスタートです。いつものように、上の方から下に移動しながら聞こえる局をコールしました。空いている周波数が無くビッシリ詰まっていました。
1.9MHzでは、宮崎県とできればWAJAが完成するのでQSO出来ることを期待しての参加でしたが、PM51・PM52はできませんでしたので宮崎県とのQSOは次回以降に持ち越しになりました。
23時頃から雨が降り出し、久しぶりに雨の中での片付けです。改めて1.9MHzのアンテナは長く感じます。晴れていればこんなに長いとは、思わなかったのだろと思います。
3月1日は参加する予定はありませんでしたが、ビショピショになったポール・同軸・ワイヤーを乾かすために近場の丘へ移動しました。
折角なので、1.9MHzのワイヤーを△型にし7MHzのデルタループにしてみました。給電部は、3m程度です。
7MHZは13時からですので、コンディションが悪い時間です。微かに聞こえる局ばかりでしたが、取ってもらえました。
デルタループの成果だと思いたい。とにかく電波は飛んでくれていたようです。
1時間程で乾いたようなので、ワイヤはかたずけ7/3.5MHz用のInv.Veeを再度立て17時まで7MHzを楽しみました。
広島コンテストのQSO数は
 1.9MHz 69局(うち1局は、ON**を貰っちゃいました得点には成らず残念)
 7  MHz 75局 合計 144局

Qso_20200302005901


7MHz SSBで徳島マラソンコンテスト 3局できました。

1.9MHzでこれだけできれば、満々満足でした。

交信頂いた各局ありがとうございました。

 




アマチュア無線ランキング


にほんブログ村

2020年2月16日 (日)

確定申告の季節

今年も確定申告の季節がやってきました。
今年で6回目となりますが今年も作成に悩んでしまいました。
1回目は、自分でEXCELで作った表を添付して白色申告しましたが
2回目からは、青色申告で市販のソフトを使っています。

経費入力は、問題ないのですが決算処理の段階で悩みます。
昨年は、生命保険控除のところで、つまづいたのを思い出します。。
今年は、家事按分をしている減価償却と地代家賃の科目が損益決算書と内訳の金額が合わない。
取説を見直し、悩んだ末分かったことは、1回しか押してはいけないボダンを何回も押してしまったことと、別途金額を入力しなければならない所を入れていなかったことが解りました。解ってしまえばなんという事は無いのですが、ここまで行くまでに何時間も悩んでしまいましたが、
これで初日に提出できそうで一安心。

1年に一回のこの作業。毎年毎年悩むのも悔しいので、簡易的な資料を作りました。
来年はスムーズに提出できることを期待したいと思います。




アマチュア無線ランキング


にほんブログ村

2020年2月12日 (水)

関東UHFコンテスト2020年(430MHz 電信)に参加

2月11日の関東UHFコンテストに430MHz電信部門に参加しました。
電信部門には、2017年より参加しています。各年ごとの有効な交信局数は、2017年:171局 2018年:182局 2019年:183局と少しづつではありますが増加しています。今年は、190局を目標に参加しました。

アンテナは、約7m長(6m high)のGPと約3m長(4m high)のGPを同軸切替器を使い切替ました。
下図の様な設置の位置となりました。

2020-uhf_20200212224801


開始前にFMバンドで、何局か受信し切り替えて見るとSメータで5つぐらい違う局がある反面、全く変化のない局もありました。また、Sの違う局の場合、3mのGPの方が良い局と、7mのGPの方が良い局が有りました。相手局のQTHが、遠いとか近いとかは、関係ないようでした。打ち上げ角の問題と言うより到来電波の位相の関係の様に思えました。
理屈は、解りませんが、アンテナを切り替えることによりメリットがあることは、解りました。
しかし、コンテストが始まりCWで聞いてみると顕著な違いは、どの局も感じられずSメーター0.5程度の違いでした。
CQを出すときに時間毎に切り替えて見ましたが、3m長のGPの方が呼ばれていたような感じでした。(データとしては取っていない)
毎回アンテナを変えてやっていますが、GP+八木を使うのが良いのかもしれませんが、あの寒さで八木を組み立てるの元気は失せている今日この頃です。

今回もFM局が出現し、丁度聞きたい部分のナンバーであったりコールサインを送ってもらっている時に限り毎回同じタイミングで出てたり、スブリアスが出ているためか、色々な周波数で聞こえる局もあり、何度もAGNやNR?も打ち、そのたび辛抱強く強く返していただいた各局、お手数をかけ申し訳ありませんでした。

結果は全QSO数 191局、有効局数 190局でした。

2020-uhf-qso_20200212224801


終了間際の14:50・14:53にコールを頂き、ギリギリ目標達成できました。
200局の壁までは、まだまだ遠い道のりですが目指していきたいと思います。

交信して頂いた各局ありがとうございました。




アマチュア無線ランキング


にほんブログ村

KCJ Top Band コンテスト(2020年)参加

愛媛マラソンコンテスト参加の為にDPを立てたのでエレメントを伸ばして短縮DPですがKCJ Top Band コンテストに1.9MHzのWAJAは、宮崎県が残っていますので出来ればナーという期待を込めて参加しました。

強力に入感している局を呼ぶも全く相手にされず「AGN」も無くアンテナの非力を感じている上、急にジャーと言うノイズレベルが突然大きくなったりしていました。明日は、ノイズが下がることを期待し24局QSO出来たところで終了。

9日は17時過ぎからワッチし始めましたがノイズレベルが高く気が滅入ってしまい合計50局で撤退。
コンディションの為と思っていましたが。アンテナを片付けようとパソコン用と照明用に使っていたDC-ACインバーターの電源を切ったとたんノイズがバッタリとなくなりました。電源を入れるとまた、ノイズが出ましたのでインバータが原因だったのです。無線機もインバータも車載バッテリーから直接電源を取っているので電源ラインからなのか電磁波なのかを見極めて対策しようと思います。

交信頂いた各局、ありがとうございました。




アマチュア無線ランキング


にほんブログ村

愛媛マラソンコンテスト(2020年)参加


私の交信局数の少ないエリアは、5エリア・9エリアです。

少しでも5エリア1st QSOの局数を増やそうと2月1日~10日に行われた愛媛のコンテストに3.5MHzと7MHzで5日間ですが参加しました。
昨年の結果を見ると、電話部門のマルチ部門・3.5MHz部門・7MHz部門及び電信部門の県内局ログ提出は55局でした。
交信局数を半分弱の25局・1stQSOがその25%で6局とQSOを目標にしてみました。

  交信年月日   運用時間   局数(1stQSO) 移動地     RIG
  2020/02/02 15:00-18:00  5局            町田市 FT857M+VERT
  2020/02/03 16:00-17:00  1局 ( 1局 )  町田市 FT857M+VERT
  2020/02/05 14:30-15:40  2局            稲城市 FT857M+VERT
  2020/02/06 10:40-12:30  6局 ( 2局 )  町田市 FT857M+VERT
                    15:00-17:10  0局            町田市 FT857M+VERT
  2020/02/08 18:00-19:30  2局 ( 1局 )  稲城市 FT857M+DP
   合 計                         16局 ( 4局 )

目標から大きくズレてしまいました。

短時間の運用しかできず午前中と日曜日の運用が出来なかったのが残念でした。
若干ですが1stQSOの局も増え嬉しく思います。
マラソンコンテストは県内局が何時頃出るのかが解らないので県内局を探すのに苦労しました。
四国のコンテストはALL JA5を除き10日間のマラソンコンテストばかりですが時間を見つけて他の県のコンテストも参加してみようと思います。

交信頂いた各局ありがとうございました。




アマチュア無線ランキング


にほんブログ村

2020年1月16日 (木)

オール埼玉コンテスト 2020年(県外 50MHz)参加

1月13日に行われたオール埼玉コンテストに50MHz部門に参加しました。
50MHzは2015年以来5年ぶりの参加です。
5年前に参加した時は、43局と交信し、昨年は、430MHzですが78局とできましたので中を取って60局目標です。
またいつもは、日野市から運用ですが、局数を稼ぐため西多摩郡日の出町へ早起きをし移動しました。
9時少し前に現地到着し、9時10分頃準備ができワッチするもあまり聞こえない。
慌ててアンテナを建てたので依然やってしまったショートバーのビスの閉め忘れかとアンテナを見上げると
HB9CVの反射器が木の枝に引っかかっていました。
最近144/430MHzのGPばかり立てているので設置するポールの真上ばかり気にしていて廻りを見ていなかった為です。

Photo_20200116184601
一段下げて5m前後の高さにしても聞こえ方は、あまり変化はありませんでした。
9:18にやっと一局目と交信でき、ポツリポツリとログが進みます。10時を過ぎるとかなり聞こえるようになりました。
12時で目標の60局は達成。午後も思いのほか多くの局とでき最終的に99局(県外7局・電信電話3局含む)とできました。
50MHzでこんなにできるとは思っていませんでした。
マルチも49と昨年の430MHzで参加した時より二つ増え大満足。

Qso_20200116203401
13日の夜にログを提出し、本日受領メールが来ましたので無事終了となりました。
コンテストナンバー改訂についての意見を書き忘れたので再提出しようかな。
別にハムログコードに合わせつ必要はないと思います。
逆に市は4桁、郡・区は6桁となっているので
東京コンテストの様に3桁に統一した方が合理的と考えます。
何はともあれ
交信頂いた各局ありがとうございました。


にほんブログ村

2019年12月12日 (木)

多巻 スモールループ アンテナの製作

先日、JARL神奈川ハムの集いに参加した時に1回巻きと2回巻きのMLAの展示がありブースの方に説明をして頂きました。

色々とMLAの事をネットで見てみると、多巻のスモールループが出てきました。
このアンテナは、秋葉原のハムショップで見た事が有り、興味は以前からありました。
ATUがあればなんとかなりそうなので作ることにしました。

製品を見ると、ループ直径が85cmの物と115cmのものが有り両方とも6回巻きでエレメントの直径は12.7mmです。
同軸ケーブルを使うと良いのですが、85cmの物でも16mあまり、115cmだと20m以上必要です。
かなりの金額になりそうなので、とりあえずは、直径2mmのアルミ線を使用し、ループ部分は100円ショップに有ったフラフープを使用することにしました。
比較の方法が解りませんがインダクタンスと浮遊容量を調べて共振周波数同等となる巻き数を設定しました。
Photo_20191210223501 
12回巻きの予定でしたが、フラフープが店には10個しか有りませんでしたので10回巻きのスモールループとしエレメント長は、約18mです。
計算上の共振周波数が高いので7MHzまでマッチングの取れるか心配ですが、どんなものかと製作を開始しました。
ループを支える部分は、水道用の塩ビ管を使用しました。

材料は、100円ショップ・ホームセンターで揃えることができました。
12巻用の部品リストです。
Parts-list


組立の大まかな手順

As1
As2
As3


運用実験

Photo_20191210222701
Photo_20191210223001オートアンテナチューナーを使用し1.9~50MHzのSWRをFT-991AMのメーターで見てみると
1.9/3.5/18MHzはチューニング取れませんでした。
10MHzは取れたり取れなかったりと不安定。
他のバンドは、1.0~1.7に収まっていました。
4m Highだと7MHZ送信しているとSWRが1.1から徐々に上がり1.7まで上がり安定していました。
7m Highに上げると1.6になりますがずっと安定していました。

QSOの実績は、5日間延11時間の実績
 7MHz 42局(CW 38局 SSB 4局)
    QSOエリア JA1・JA2・JA3・JA4・JA5・JA6・JA7・JA8・BY4・HL1・LA1
50MHz SSBのみ9局
    QSOエリア JA1(東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城)

受信時のSメーターの振れは、短縮バーチカル(5m長)に比べS1~1.5位良い状態。
短縮バーチカルは、10m HighのInv Vee(フルサイズ)に比べS2ぐら悪かったので、このスモールループは、Inv Veeより若干Sが低いと思われます。送信は、ほとんど聞こえる局とはQSO出来ましたが、JA0・JA9はノイズレベルギリギリで入感していましたがQSOに至らず残念でした。
リバースビーコンを見てみるとそれなりに飛んでいるようでした。(CW/30W)
Reves-beecon

New Year Partyまでに当初予定の12回巻きに変更しこのアンテナで色々なバンドを再度試そうと思います。
聞こえていましたらよろしくお願いいたします。



アマチュア無線ランキング


にほんブログ村

«QRPコンテスト(2019年)参加

フォト
2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

にほんブログ村